コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウラーン Hawrān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハウラーン
Hawrān

シリア南西部の地方の名称で,レバノンとの国境のヘルモン山から,南東方向にヨルダン国境まで広がる地域をいう。ヘブライ語で,くぼみのある土地を意味するが,これは平原の東部のやや丘陵性の部分に多くの洞穴があるところから由来したものである。岩石が多く,樹木のほとんどない地域であるが,平原の地味は豊かで,降水量も多く,コムギ生産地帯であり,オオムギ,豆,テンサイも栽培される。 106年まではローマ人とナバタイ人とで分有されていたが,以後ローマの属州として繁栄した。キリスト教は2世紀に流布し,7世紀のイスラム教浸透のときまで盛んであったが,現在ではドゥルーズ教徒が多い。シリアのダルア県が,この地方の大部分を包含している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハウラーンの関連キーワードヘルモン[山]ユーフラテス川クナイトラ県ゴラン高原ダマスクススワイダイラク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android