ハゲイワシ(読み)はげいわし(英語表記)slickhead

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハゲイワシ」の解説

ハゲイワシ
はげいわし / 禿鰮
slickhead
[学] Alepocephalus owstoni

硬骨魚綱ニギス目セキトリイワシ科の深海魚。相模(さがみ)湾以南、沖縄舟状海盆(しゅうじょうかいぼん)、オーストラリア西岸に分布する。体は細長く、長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)し、本科の他種と比べて高い。吻(ふん)の先端は上からみると丸く、吻長は眼径より少し長い。目は大きくて正円形。鱗(うろこ)は円鱗(えんりん)で覆われる。背びれは臀(しり)びれよりも前から始まる。脂びれがない。体は暗褐色で、頭は黒い。胸腹部は青みをおびる。体長38センチメートルほどになる。500~1000メートルの深海域に生息し、底引網でまれにとれる。セキトリイワシ科は世界各地の深海にすみ30種余りがいる。そのうち、日本には太平洋側の深海から20種ほどが確認されている。食用としての価値はほとんどない。

[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハゲイワシの言及

【セキトリイワシ】より

…肉は水分を多く含み食用には不適。日本産のセキトリイワシ科Alepocephalidae魚類には,同属のタナカセキトリをはじめ,ハゲイワシ,コンニャクイワシ,クログチイワシ,ウケグチイワシ,ツブイワシなどが知られており,いずれも深海性で著しく柔軟な体をもち,食用にはならない。本科魚類の分類は未確立であり,今後の研究の進展により,さらに多くの類縁種が日本近海から報告されるであろう。…

※「ハゲイワシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android