コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハスキソン ハスキソンHuskisson, William

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハスキソン
Huskisson, William

[生]1770.3.11. ウースターシャー,バーチモートン
[没]1830.9.15. ランカシャー,エクルズ
イギリスの政治家,財政家。 1796年下院議員。大蔵次官 (1804~05,07~09) ,森林長官 (14) を歴任して,リバプール内閣の商務院総裁 (23~27) をつとめ,自由貿易主義の立場から関税改革,穀物法航海法の改正を手がけた。その後植民地相 (27~28) 。 1830年マンチェスターとリバプール間の鉄道開通の際に事故死。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハスキソンの関連キーワードランカシャー州自由貿易主義ソーントン産業革命カニング地金論争財政家