コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッシュ法 ハッシュホウ

2件 の用語解説(ハッシュ法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハッシュ法

データを高速に検索する方法のひとつ。データの格納場所に対応する整数(ハッシュ値)を割り当てて、このハッシュ値の表を使ってデータを検索する。ハッシュ値を得るための関数をハッシュ関数という。ハッシュ関数は、異なるデータに同じハッシュ値を割り当てることがあり、これを最小限に抑えるための処理が重要になってくる。ハッシュ関数は、①同じデータからは常に同じハッシュ値が出力される、②データが少しでも変化するとハッシュ値も変わる、③ハッシュ値から元のデータを導き出すことは不可能である、という特徴から、電子署名による身元証明やユーザー認証などにも利用される。たとえば、あるデータを送る際、そのデータからハッシュ関数で得られたダイジェストを付けて送信する。受け取った側でもメッセージからハッシュ値を算出し、送られたそれと比較して同じ値であれば、データが改ざんされていないと証明できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッシュ法
ハッシュほう
hash method

コンピュータのデータの記憶と読出しの方法のうち,内容による記憶読出しの方式の一つ。与えられたデータから,そのデータと関連する情報がどこに入っているかを知る方法である。データ (あるいは内容) から番地を計算する関数をハッシュ関数と呼び,いくつかの方法が考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone