コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッシュ法 ハッシュホウ

2件 の用語解説(ハッシュ法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハッシュ法

データを高速に検索する方法のひとつ。データの格納場所に対応する整数(ハッシュ値)を割り当てて、このハッシュ値の表を使ってデータを検索する。ハッシュ値を得るための関数をハッシュ関数という。ハッシュ関数は、異なるデータに同じハッシュ値を割り当てることがあり、これを最小限に抑えるための処理が重要になってくる。ハッシュ関数は、①同じデータからは常に同じハッシュ値が出力される、②データが少しでも変化するとハッシュ値も変わる、③ハッシュ値から元のデータを導き出すことは不可能である、という特徴から、電子署名による身元証明やユーザー認証などにも利用される。たとえば、あるデータを送る際、そのデータからハッシュ関数で得られたダイジェストを付けて送信する。受け取った側でもメッセージからハッシュ値を算出し、送られたそれと比較して同じ値であれば、データが改ざんされていないと証明できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッシュ法
ハッシュほう
hash method

コンピュータのデータの記憶と読出しの方法のうち,内容による記憶読出しの方式の一つ。与えられたデータから,そのデータと関連する情報がどこに入っているかを知る方法である。データ (あるいは内容) から番地を計算する関数をハッシュ関数と呼び,いくつかの方法が考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハッシュ法の関連キーワードシリアル転送全文検索データエントリーデュプレキシングバーストモードリードアフターライトデータ処理集中データ処理二分探索串刺検索

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone