コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッジャージュ・ブン・ユースフ Hajjāj b.Yūsuf

1件 の用語解説(ハッジャージュ・ブン・ユースフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハッジャージュ・ブン・ユースフ【Hajjāj b.Yūsuf】

661‐714
ウマイヤ朝の軍人,政治家。イブン・アッズバイルの第2次内乱中,ウマイヤ朝第5代カリフアブド・アルマリクに登用されて内乱を終結させ,メディナ総督を経てイラク総督に任命された。ハワーリジュ派の一派であるアズラク派を討伐してイラクの平和を回復し,灌漑や干拓に努めて農業の振興を図った。クーファアラブ戦士の不満を代表するイブン・アルアシュアスの乱(700‐704)に悩まされたが,新軍営都市ワーシトを建設して武断政治を行い,中央アジア,西北インドを征服させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハッジャージュ・ブン・ユースフの言及

【ウマイヤ朝】より

…その反面,政府とアラブ・ムカーティラとの利害の対立が増大し,イブン・アルアシュアスの乱(700)が起こった。イラク総督ハッジャージュ・ブン・ユースフは,イラクのムカーティラ統御のため軍営都市ワーシトを建設し,ここにシリアのアラブ・ムカーティラを常駐させた。このようにして,しだいにアラブ・ムスリム間の階層分化が進み,ディーワーンから除外され,土着化して農民に転落する者も増加した。…

【勧農】より

…また現実にも,イスラム国家の財政的基礎は,農民から徴収される租税にあったから,歴代の政府は,水利機構の管理・維持につとめるなどイマーラに積極的な関心を示した。 初期イスラム時代のカリフたちは有力者に荒蕪地(マワート)を授与し,これに3年間の免税特権を与えて耕地化を奨励したが,ウマイヤ朝(661‐750)時代のイラク総督ハッジャージュ・ブン・ユースフはとりわけ熱心なイマーラの推進者として知られる。彼は都市に流入したペルシア人の新改宗者マワーリーを強制的に帰村させて国庫収入の低下を食い止めるとともに,水路を開削し農民を入植させることによって下イラクの広大な湿地帯の開拓に成功した。…

【治水】より

…メソポタミアに中央集権的な国家を建設したバビロン第1王朝のハンムラピ王は,ユーフラテス川とティグリス川を結ぶ大運河を幾本も開削し,それらを無数の小運河で結ぶことによって,毎年5月に起こる洪水を統御するとともに,両河の水を灌漑水として有効に利用する体系をつくりあげた。この治水組織はアケメネス朝やササン朝でもほぼそのままの形で保持されたが,イスラム時代に入ると,ウマイヤ朝(661‐750)のイラク総督ハッジャージュ・ブン・ユースフは,大排水路を設置して南イラクの大湿地帯(バターイフ)を干潟化することに成功した。またバグダードに都を置いたアッバース朝(750‐1258)は,バビロニア時代以来の運河網を改修・整備するとともに,ササン朝時代に開削されたティグリス川の上・下流点を結ぶナフラワーンNahrawān運河を復活,これによってイラク中・南部は帝国随一の穀倉地帯に変貌した。…

【ムハンマド・ブン・アルカーシム】より

…ウマイヤ朝時代の将軍で,北西インド(シンド)の征服者。710年,イラク総督ハッジャージュ・ブン・ユースフの命により,マクラーン地方からインダス河口地域に遠征し,ダイブールを攻略した。同市を基地としてインダス川を北上し,713年,パンジャーブ地方の聖地ムルターンを攻略したが,ハッジャージュ・ブン・ユースフの死によってその任を解かれ,イラクに護送されて獄死した。…

※「ハッジャージュ・ブン・ユースフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハッジャージュ・ブン・ユースフの関連キーワードアッバース朝ウマイヤ朝後ウマイヤ朝政治家ダマスカス口がうまいムアーウィヤアブドアッラフマーンうまいものはうまい。博多うまいものはうまい。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone