コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハワーリジュ派 ハワーリジュは

世界大百科事典 第2版の解説

ハワーリジュは【ハワーリジュ派】

イスラムにおける最初の政治・宗教的党派。ハーリジー派Khārijī(単数形)ともいう。過激で非妥協的な行動により,第4代カリフのアリーウマイヤ朝の支配体制を混乱させる一方,宗教・思想の面では,カリフの資格とムスリムの罪の問題を初めて提起した。657年のシッフィーンの戦で,アリーとムアーウィヤ1世の双方が調停によって事態の収拾を図ろうとした時,人間による調停に反対したアリー軍の一部の者が〈判決は神にのみ属する〉を合言葉にアリーのもとを去り,クーファの近くのハルーラーに集まった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハワーリジュ派
はわーりじゅは
Khawrij

イスラム教の最初の政治・宗教的分派。ハーリジーKhrij派ともいう。第4代正統カリフのアリーとのちにウマイヤ朝を創設することになるムアーウィヤとが657年にスィッフィーンで戦った際に、ムアーウィヤ側からコーランによる調停の申し入れがあり、アリー側の兵の大半はそれを承諾したが、一部の者は、それは神のことばの上に人間の審判を置くことであるとして反対し、その場を去った。このアリーの陣営を「離脱した者たち(ハワーリジュ)」はその調停の不満足な結果からさらに増加した。ここにこの派は起源をもつとされ、ウマイヤ朝期(661~750)を通じてしばしば反政府的反乱を引き起こした。教義の面では、道徳的に欠点がなくカリフとして働く能力があれば、いかなる信者もその血統・身分に関係なくカリフに選ばれうるとし、また行為を伴わない信仰は無意味であり、重罪を犯した者は背教者として殺害されるべきであるとするなど、道徳的厳格さを極端にまで主張し、この派に属さないイスラム教徒を不信仰者とみなした。ハワーリジュ派は種々の傾向をもついくつかの支派からなり、そのなかの穏健な一派は現在までアラビア半島のオマーンに存続している。[鎌田 繁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハワーリジュ派の言及

【イスラム】より

…車座の中心にいた師はハサン・アルバスリーで,彼の教えの中心は禁欲主義にあり,自由意志か予定かといった問題の立て方はしなかったが,罪についての人間の責任を重くみて,神に責任を転嫁することを固く戒めた。ハワーリジュ派の提起した罪の問題については,彼は大罪を犯した者をムナーフィクーンmunāfiqūn(偽善者)と呼び,このような者を殺してはならないが,地獄に落ちる可能性がきわめて高いので,正しい道に引き戻してやる必要があると考えた。彼の意図したことは,支配者・被支配者の双方を拘束するイスラムの宗教的・倫理的規範の確立にあり,コーランと,預言者ムハンマドの言葉と行為とによって確立された慣行(スンナ)とを手がかりに,その規範を模索していたのである。…

【カイラワーン】より

…アラブの軍人ウクバ・ブン・ナーフィーが670年に築いた軍営都市(ミスル)が起源で,マグリブ最古のイスラム都市。ベルベル人の指導者クサイラによる占領(7世紀末)やイスラムの異端派ハワーリジュ派による占領(8世紀中ごろ)など,政治的に不安定な状態が続いた。9世紀にアグラブ朝の都になるとともに繁栄し始め,マグリブにおける政治,経済,宗教,学問の中心地になった。…

※「ハワーリジュ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハワーリジュ派の関連キーワードアリー(‘Alī b. Abī Tālib)ハッジャージュ・ブン・ユースフハッジャージュ・ブン・ユースフシャフラスターニーアブー・ウバイダイスラム神学ハムダーン朝カイラワーンイスラム帝国ターヒル朝西アジア史イジュマールスタム朝ムルジア派アグラブ朝イバード派タキーヤ鎌田

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android