コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーファ クーファ al-Kūfa

4件 の用語解説(クーファの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーファ
クーファ
al-Kūfa

イラク中央部の古都。ユーフラテス川支流のシャットヒンディーヤ川に面し,バグダードの南約 130kmにある。 638年アラブ人により,イラクの軍事的拠点として建設され,第4代正統カリフであるアリー (在位 656~661) の治世に,その首都となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クーファ(Kūfa)

イラク中部、カルバラー州の都市。バグダッドの南約170キロメートルユーフラテス川沿いに位置する。イスラム教第2代正統カリフウマルにより建設。ウマイヤ朝時代、ペルシアなどの北東地域へのイスラム拡大の拠点として栄えた。アッバース朝の初期に首都が置かれたが、第2代カリフマンスールによりバグダッドに遷都された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クーファ【al‐Kūfa】

イラク共和国のカルバラー州にある古都。人口3万。アラビア語で〈円い砂丘〉を意味するが,正しくはナバタイ語で〈赤い砂〉の意。バスラに次ぐイスラム第2の軍営都市(ミスル)で,639年ウマル1世の命でサード・ブン・アビー・ワッカースが現在のクーファに近いユーフラテス川西岸に建設。正統カリフ・ウマイヤ朝時代は,イラク北部やアゼルバイジャンなど北方地域の征服の基地として発展し,またイラクの政治・文化的中心としても,バスラとしのぎを削った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーファ
くーふぁ
Kfa

イラク中部、カルバラー州にある町。アラビア語で「円い砂丘」を意味する。639年、第2代カリフであるウマル1世の命によりイラク総督サード・ブン・アビー・ワッカースが、ユーフラテス川西岸、現在のクーファ近郊に建設し、イスラム第二の軍事都市であった。正統カリフ時代、ウマイヤ朝時代は、北東地域へのイスラムの拡大の軍事基地として、またバスラとともにイラクの政治、経済、文化的中心都市として栄えた。第4代カリフ、アリーの牙城(がじょう)であったため、シーア派の反ウマイヤ朝運動の根拠地でもあった。アッバース朝に入り、首都バグダードが建設されると、政治的、経済的重要性が失われたが、イスラム諸学の中心地としてバスラと覇を競った。[花田宇秋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーファの関連キーワードイランカルムイク語エコロジカルバランスドゥブロブニク共和国総督邸カルムイクシルバラードサラールカラカルパクスタン[自治共和国]ナヒチェバン[自治共和国]モンゴル族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クーファの関連情報