コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドルメツム ハドルメツムHadrumetum

1件 の用語解説(ハドルメツムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドルメツム
Hadrumetum

チュニジア東岸の古代都市。現スーサカルタゴによって建設されたが,第3次ポエニ戦争 (前 149~146) ではローマ側につき,市民はローマ市民権を与えられた。通商の要地として栄え,2世紀までには植民市 (コロニア ) の資格を得た。土地豊穰でオリーブ油を産し,地方行政の中心地としても重要であった。のちバンダル族に占領され,一時東ローマが奪還したが,次いでサラセンの支配下に入った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone