ハナフィー学派(読み)はなふぃーがくは

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナフィー学派
はなふぃーがくは

イスラム教スンニー派の四大法学派の一つ。アブー・ハニーファを学祖とする。オスマン帝国や、ムガル帝国の君主の保護を受けて栄えた。現在も、これらの旧領土インド、パキスタン、アラビア半島、イランを除く西アジア、エジプトで勢力がある。類推(キヤース)を重視し、法学者の個人的意見(ライ)を認めることを特色としている。

[竹下政孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android