コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハビマ劇団 ハビマげきだんHabima Theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハビマ劇団
ハビマげきだん
Habima Theatre

1912年ヘブライ語劇上演を目的としてポーランドのビャウイストクに発足したユダヤ劇団。ハビマはヘブライ語で「舞台」を意味する。第1次世界大戦によって一時解散したが,17年 K.スタニスラフスキーの影響を受けて劇団を再編成,E.ワフタンゴフ指導のもとに 18年に第1回公演を行なった。その後モスクワ芸術座所属のスタジオの一つとしてヨーロッパ諸国およびアメリカ巡業も含めて活動を続け,31年パレスチナに定着,58年にイスラエルの国立劇団となって,テルアビブヤフォに本拠をおいた。代表的作品 S.アンスキー作『死者の霊』 (1922初演,ワフタンゴフ演出) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハビマ劇団の関連キーワードユダヤ演劇

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android