コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハフパット修道院 ハフパットしゅうどういんThe Monastery of Haghpat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハフパット修道院
ハフパットしゅうどういん
The Monastery of Haghpat

アルメニア北部の町ハフパットにある修道院。この地域の伝統とビザンチン様式が融合した独特の木造による建築物で,その多くが 10~13世紀の築造であるが,なかでも 991年建立の聖十字架聖堂が有名。周辺にはサナヒン修道院,サナヒン橋,カヤンバード要塞など歴史的建造物も多い。 1996年サナヒン修道院とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android