コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハプト藻類 ハプトそうるいHaptophyceae

世界大百科事典 第2版の解説

ハプトそうるい【ハプト藻類 Haptophyceae】

クリステンセンT.Christensenが1962年に黄金色藻綱(ヒカリモ綱)から分離して創設した植物分類系の1綱。遊走細胞が等長の2本のむち型構造の鞭毛を前端にもつこと,さらにそれらの鞭毛の間にハプトネマhaptonema(ハプト鞭毛)と呼ぶ鞭毛様の付属物を1本もつことで特徴づけられる。プリムネシウム綱Prymnesiophyceaeともいう。ハプトネマは4~7本程度の微小管と小胞体で構成され,基物に付着するための細胞器官と考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハプト藻類の言及

【石灰藻】より

…石灰藻がもつ石灰には結晶の形や物理的性質の異なる2種類があり,一つは方解石calcite,他の一つはアラレ石aragoniteと呼ばれる。興味あることに,サンゴモ類とハプト藻類は方解石をもつのに対し,他の石灰藻はおもにアラレ石を含有する。石灰を最も多量に含む石灰藻は無節サンゴモ類で,熱帯地方でサンゴ礁の成立に重要な役割を果たしている。…

※「ハプト藻類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハプト藻類の関連キーワードコッコリス円石藻淡水藻

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android