コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊走細胞 ゆうそうさいぼう planocyte; amoebocyte

4件 の用語解説(遊走細胞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊走細胞
ゆうそうさいぼう
planocyte; amoebocyte

アミーボサイトまたは変形細胞ともいう。動物体にみられ,細胞の体形が変えられるので,組織の間を自由に移動する細胞。無脊椎動物では,海綿動物の間充織内で仮足を出してアメーバ状の運動をし,襟細胞から食物を受取って消化したり,排出物の清掃その他をしたりするいわゆる原始細胞 archaeocyteがそれである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

遊走細胞
ゆうそうさいぼう
wandering cells

狭義には,炎症の際に局所組織に出てくる白血球をさす。この白血球には,大食細胞呼ばれる貪食能力の高い大型の単核細胞と,やや小型の顆粒球系の多核白血球と,さらに小型のリンパ球などが含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうそう‐さいぼう〔イウソウサイバウ〕【遊走細胞】

組織内を自由に移動する細胞。リンパ球単球好酸球好中球形質細胞肥満細胞など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆうそうさいぼう【遊走細胞】

結合組織を構成する細胞の一種。リンパ球・単球・顆粒白血球・形質細胞および組織球・肥満細胞などで、組織内を比較的自由に移動する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊走細胞の関連キーワード原核細胞変形細胞グリア細胞α細胞エフェクター細胞サテライト細胞腺房細胞胚細胞β細胞メラニン形成細胞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone