コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊走細胞 ゆうそうさいぼうplanocyte; amoebocyte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊走細胞
ゆうそうさいぼう
planocyte; amoebocyte

アミーボサイトまたは変形細胞ともいう。動物体にみられ,細胞の体形が変えられるので,組織の間を自由に移動する細胞。無脊椎動物では,海綿動物の間充織内で仮足を出してアメーバ状の運動をし,襟細胞から食物を受取って消化したり,排出物の清掃その他をしたりするいわゆる原始細胞 archaeocyteがそれである。

遊走細胞
ゆうそうさいぼう
wandering cells

狭義には,炎症の際に局所組織に出てくる白血球をさす。この白血球には,大食細胞と呼ばれる貪食能力の高い大型の単核細胞と,やや小型の顆粒球系の多核白血球と,さらに小型のリンパ球などが含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうそうさいぼう【遊走細胞】

結合組織を構成する細胞の一種。リンパ球・単球・顆粒白血球・形質細胞および組織球・肥満細胞などで、組織内を比較的自由に移動する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遊走細胞の関連キーワードアミーボサイトアメーバ運動顆粒白血球ハプト藻類褐藻植物緑藻植物鞭毛菌類ミオシン結合組織組織学食細胞組織球一種藻類食胞芽球狭義

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android