コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハボウキガイ ハボウキガイPinna bicolor; pen shell; sea wing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハボウキガイ
Pinna bicolor; pen shell; sea wing

軟体動物門二枚貝綱ハボウキガイ科。殻長 35cm,殻高 10cm,殻幅 4.5cm。殻は細長く羽箒状で,殻頂のほうへ細くなり,後端が多少広くなり,両殻の間は狭く開いている。背縁はほぼまっすぐで,後縁は丸みがある。殻表は黄色で黒帯斑があり,また背側には殻頂より放射肋があって,その上に鱗片状突起を生じることがある。さらに殻頂から殻の中央に裂け目状の稜が出る。内面は真珠光沢がある。房総半島以南,インド洋太平洋に広く分布し,潮間帯から水深 10mの細砂泥底にすむ。殻頂を下になかばうもれて,足糸で礫に付着して立っているので,タチガイの名もある。貝柱 (後閉殻筋) は食用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハボウキガイ
はぼうきがい / 羽箒貝・羽掃木貝
pen shell
[学]Pinna bicolor

軟体動物門二枚貝綱ハボウキガイ科の二枚貝。房総半島以南の熱帯太平洋およびインド洋に広く分布し、潮間帯から水深5メートルのアマモの生えている細砂泥底に多い。殻頂を海底の砂泥の間に埋め、貝殻を立てたようにしているのでタチガイ(立貝)の俗称もある。殻高10センチメートル、殻長35センチメートル、殻幅4~5センチメートルに達し、細長くて羽箒(はぼうき)形をしている。殻頂から後方へしだいに広くなり、殻は薄くてもろい。殻表は黄土色の地に黒斑(こくはん)条があり、背方には細い放射肋(ろく)を生じ、その上に鱗(りん)状突起を生じることもある。両殻の間は後端で開く。貝柱を食用にする。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone