コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマニガナ(浜苦菜) ハマニガナLactuca repens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマニガナ(浜苦菜)
ハマニガナ
Lactuca repens

キク科の多年草で,日本全土をはじめ,アジアの冷温帯から熱帯までに広い分布をもつ。好んで海岸の砂地に生える。茎は長く地中をはい,だけを地上に出す。葉は互生し,長い柄があって質は厚く,葉形は変化が多い。夏に 10cmほどの花茎を出して,直径 2cm以上の黄色の頭状花を開く。痩果は長さ約 6mm,冠毛白色である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハマニガナ(浜苦菜)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android