コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハミング符号 ハミングフゴウ

デジタル大辞泉の解説

ハミング‐ふごう〔‐フガウ〕【ハミング符号】

Hamming code》コンピューター内部やコンピューターネットワークのデータ通信で利用される誤り訂正符号の一。米国ベル研究所のR=ハミングが1950年に考案。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ハミングふごう【ハミング符号 Hamming code】

1950年にアメリカのベル電話研究所のハミングR.W.Hammingによって考案された符号通信の1ビットの誤りを訂正することができる誤り訂正符号をいう。通常“0”と“1”から構成される二元符号で,誤りの有無を検出するのには,パリティ検査符号が用いられる。パリティ検査符号では,符号の中で用いられている“1”の数が偶数個あるか,奇数個あるかに従って,“0”または“1”のパリティ検査ビットが付加される。ハミングは,複数個のパリティ検査点を付加することにより,単一誤りを訂正する符号を考案した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハミング符号の言及

【符号化】より

…このとき,Cは〈t個誤り訂正符号〉と呼ばれる。たとえば,先の例のハミング符号は,最小距離3であるので,1個誤り訂正符号である。誤り発生確率は,誤りの個数とともにほぼ指数的に減少するので,小さい個数の誤り訂正がより重要であり,大きい個数の誤りは多くの場合無視してよい。…

※「ハミング符号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハミング符号の関連キーワードコンピューターネットワークハミングコードコンピューター符号誤り

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android