コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハヤトウリ(隼人瓜) ハヤトウリSechium edule; pipinella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハヤトウリ(隼人瓜)
ハヤトウリ
Sechium edule; pipinella

ウリ科の多年生つる植物で,熱帯アメリカの原産。日本には 1916年頃北アメリカから持込まれ,鹿児島を中心に暖地で栽培されるようになった。茎は長さ 10m以上になり,葉は膜質広卵形で,長さ 10~20cmほどある。雌雄同株で,雄花は総状につき,雌花は雄花序と同一の葉腋に生じる。どちらも小型で白色の花冠をもつ。果実は長さ8~17cmのほぼ洋なし形で多肉質,食用とする。老蔓からは繊維がとれる。また塊根はデンプン質に富み,家畜飼料となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハヤトウリ【ハヤトウリ(隼人瓜) chayote】

ウリ科の宿根生つる草(イラスト)。たくさんなるのでセンナリウリともいう。熱帯アメリカ原産で,温帯から亜熱帯に広く栽培される。日本へは1916年ごろ,アメリカから導入されて鹿児島で試作したのが始まりで,薩摩隼人にちなんで命名された。その後,別途に白色種が旧農林省園芸試験場に導入された。現在鹿児島県宮崎県の一部でまとまって栽培されるほかは,ほとんど自家用程度である。茎はつる性でよく伸びる。花は雌雄同株(イラスト)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハヤトウリ(隼人瓜)の関連キーワードウリ科

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android