コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハライン岩塩坑 ハラインがんえんこう

1件 の用語解説(ハライン岩塩坑の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハラインがんえんこう【ハライン岩塩坑】

オーストリア北西部のザルツブルク(Salzburg)郊外のハラインにある岩塩鉱(塩鉱)跡。「ザルツブルク」は「塩の城」という意味の地名で、その名称のとおり、紀元前から岩塩の交易によって栄え、同市近隣には岩塩を採掘する鉱山が多数あった。その一つであるハライン鉱跡では、かつて岩塩を運び出すために用いられたトロッコに乗って、坑内を見学することができる。また、岩塩採掘の技術などについても充実した展示がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハライン岩塩坑の関連キーワードザルツブルクザルツブルク大聖堂ヘルブルン宮殿ホーエンザルツブルク城ミラベル宮殿レジデンツ広場カメラータ・ザルツブルクザルツブルク音楽祭コルナウトザルツブルク[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone