コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラージ Kharāj

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラージ
Kharāj

イスラム法にいう地租。国庫 (バイト・アルマール) の最大の収入源であった。貨幣または現物で徴収され,耕地面積に応じて一定額を徴収するミサーハと生産額の半分を徴収するムカーサマとがあった。ムハンマドの時代には,土地に課税するという観念はなく,ハラージもジズヤもともに租税一般を意味していた。ハラージが初めて徴収されたのは大征服時代のサワードであり,この頃のハラージの負担者はジンミーとマワーリーとであった。ウマイヤ朝の後半になると,ムスリムであると非ムスリムであるとを問わず,土地保有者からは同じように地代としてのハラージを徴収するという慣行が確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハラージの関連キーワードシンハラジャ森林保護区アブー・ユースフ西アジア史ハラージュフェッラーラージャ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android