コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジズヤ Jizya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジズヤ
Jizya

イスラムの税制の一つ。イスラム法でいう非ムスリムに課せられる人頭税のこと。初期イスラム時代,このジズヤと,地租を意味するハラージとは同義語であったが,後者が土地を保有するムスリムにも課されることになったために,人頭税としてのジズヤが確立した。法的にジズヤは,非ムスリムの成年男子のみに課される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ジズヤ

イスラム法(シャリーア)で被征服地の健全な成年男子に課された人頭税。のちには征服地の異教徒(ジンミー)一般に課せられたが,初期には〈啓典の民〉と呼ばれたユダヤ・キリスト両教徒に限られ,貢税の義務を負うことによって宗教・習慣を保持する自由を認められた。
→関連項目人頭税

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジズヤ【jizya】

イスラム法に定める人頭税。心身健全で自由身分のジンミーの成年男子だけに課せられ,貨幣で徴収される。納税者の社会的地位や財産に応じ,旧ビザンティン領では1,2,4ディーナール,旧ササン朝領では12,24,48ディルハムの3段階に分けられていた。ジズヤは,コーラン(9:29)にみえ,ムハンマドはユダヤ教徒とキリスト教徒からジズヤを徴収したが,それは人頭税で,貨幣で徴収された。ウマイヤ朝の行政用語ではジズヤとハラージュは区別がなく,ともに征服地の住民から徴収される租税一般を意味していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ジズヤ【jizyah】

イスラム国家において非イスラム教徒の成年男性に課した人頭税。貨幣で徴収した。 → ハラージュ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジズヤ
じずや
jizya

イスラム法が定める人頭税。預言者ムハンマド(マホメット)がユダヤ教徒やキリスト教徒などに課した。イスラム法が整備される過程で人頭税と土地税(ハラージュ)の区分が明確化され、人頭税をジズヤとよぶようになった。土地税は、土地所有者の宗教、身分にかかわらず課税されるが、人頭税はイスラム教徒には課せられず、非イスラム教徒だけに課せられる。成人男子1人に対して年に金貨1枚が標準的な税額であったが、地域、時代により標準とは異なる税額があった。非イスラム教徒はジズヤの分だけイスラム教徒よりは過大に税を負担することになり、彼らには不満があった。現代ではイスラム諸国の多くはイスラム法によらない税体系をもち、ジズヤは課せられていない。[後藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジズヤの言及

【人頭税】より

…これも,人頭税と呼ばれることが多い。【森本 芳樹】
[イスラム]
 イスラム法で人頭税を意味する用語はジズヤで,それはイスラムの主権のもとにある非イスラム教徒ジンミーの,自由身分で心身健全な成年男子のみに課せられ,貨幣で徴収された。行政用語としてはジズヤのほかにジャーリヤjāliya(原義は流亡者),その複数形ジャワーリーjawālīが,主としてエジプトで後世まで用いられた。…

※「ジズヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジズヤの関連キーワードバイト・アルマールアウラングゼーブ人頭税(西洋)アウランゼーブ西アジア史アクバル後藤

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android