バイト・アルマール(英語表記)bayt al-māl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイト・アルマール
bayt al-māl

イスラム国家における国庫を意味するアラビア語ムハンマドの時代から国庫概念の萌芽は認められたが,実際に国庫の制度ができたのは正統カリフ時代に入ってからである。主要な財源は地租 (ハラージ ) および人頭税 (ジズヤ ) 。財政の組織化に伴って国庫庁が設置され,アッバース朝時代には租税庁を通じて徴収された税金の処理にあたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android