コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルキディキ半島 ハルキディキはんとうKhersónisos Khalkidhikís

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルキディキ半島
ハルキディキはんとう
Khersónisos Khalkidhikís

古代ギリシア語読みではカルキディケ Chalkidikē。ギリシア北部,エーゲ海に突出する半島。南部はフォーク状に分岐し,西からカサンドラ,シソニア,アイオンオロスの3半島をなす。半島本体の基部にはボルビ,コロニア (ランガダ) 両湖が東西に連なる。中心都市は基部西岸のセサロニキ。山地が多くアイオンオロス半島の先端にはアソス山 (2033m) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハルキディキ‐はんとう〔‐ハンタウ〕【ハルキディキ半島】

ChalkidikiΧαλκιδική》ギリシャ北部、マケドニア地方南部の半島。エーゲ海に向かって南東方向に約40キロメートル延び、先端部には、西からカッサンドラ半島シトニア半島アトス半島という三つの半島がある。鉄道路線はないが、海岸保養地が多く、またギリシャ正教の聖地アトス山があり、観光客に人気がある。カルキディキ半島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android