コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルシュタイン原則 ハルシュタインげんそく Hallstein Doctrine

1件 の用語解説(ハルシュタイン原則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルシュタイン原則
ハルシュタインげんそく
Hallstein Doctrine

1955年9月に西ドイツとソ連との間に国交が樹立されてからの西ドイツ外交政策の基本原則であった。立案者である外務次官 W.ハルシュタインにちなんで名づけられた。その内容は,西ドイツがドイツ国家の唯一の代表者であるという見解に基づき,他国 (対ドイツ戦勝国のソ連は例外) による東ドイツ承認は,西ドイツに対する非友好的行為とみなし,その国に対する関係を維持すべきかどうかを再考慮しようとするもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハルシュタイン原則の関連キーワードウェルトドイツ連邦共和国西ドイツドイツ基本法何時の間に何時の間にか統一ドイツ南西ドイツ室内管弦楽団南西ドイツ放送交響楽団西ドイツ・マルク

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone