コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルシュタイン原則 ハルシュタインげんそくHallstein Doctrine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルシュタイン原則
ハルシュタインげんそく
Hallstein Doctrine

1955年9月に西ドイツとソ連との間に国交が樹立されてからの西ドイツ外交政策の基本原則であった。立案者である外務次官 W.ハルシュタインにちなんで名づけられた。その内容は,西ドイツがドイツ国家の唯一の代表者であるという見解に基づき,他国 (対ドイツ戦勝国のソ連は例外) による東ドイツ承認は,西ドイツに対する非友好的行為とみなし,その国に対する関係を維持すべきかどうかを再考慮しようとするもの。この原則は,たとえば 57年のユーゴスラビアによる東ドイツ承認に際して適用され,西ドイツはユーゴスラビアと断交した。しかし,1960年代の終りから東ドイツ承認国が激増し,また W.ブラント政権の東方外交が展開されて,この原則はくずれていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハルシュタイン原則の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門斎藤寅次郎新藤兼人コーマン野村芳太郎久松静児マキノ雅広森一生川島雄三

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android