コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルツーム州 ハルツームAl-Khurtūm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルツーム〔州〕
ハルツーム
Al-Khurtūm

スーダン中央東部,やや北寄りのほぼ三角形の州。ホワイトナイル川,ブルーナイル川の合流点に,首都ハルツームをはじめ,ハルツームバフリーオムドルマーンの三大重要都市を集め,南はジャバル・アルアウリーヤ・ダムから,北は第6瀑流までのナイル川沿岸流域を含めている。気候は乾燥した大陸性気候で,乾季には7~47℃,年降水量は 175mm以下である。牧草地では,家畜飼養や薪供給が可能であるが,ハブーブと呼ばれる砂嵐が土壌浸食を早めている。ナイル川流域では,洪水後に農業が可能で,ナイル川合流点を頂点とする南部のジャジーラ地方は,1925年ジャジーラ (ゲジラ) 計画によってダムによる灌漑が実施され,綿花をはじめとする大規模な農業地域となった。面積2万 8165km2。人口 180万 2299 (1983) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android