コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルハ(哈爾哈)部 ハルハぶKhalkha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルハ(哈爾哈)部
ハルハぶ
Khalkha

16世紀以後モンゴルに現れる部名。その名はモンゴル東部を流れるハルハ川に由来する。ダヤン・ハン (達延汗) の6トゥメンの一つに数えられるが,そのうち内ハルハはダヤン・ハンの第5子アルチュ・ボラトに,外ハルハは第 11子ゲレセンジェに分封された。外ハルハはのちに領域を拡大,16世紀後半にはいまのモンゴル国のほぼ全域を占め,3つのハン部に分れた。内ハルハ諸部はリンダン (林丹) の圧迫により早くから清朝に帰順したが,外ハルハの帰順はジュンガルの侵入が起った 17世紀末のことであった。外ハルハには 1725年サイン・ノヤン・ハン部が設けられ,計4ハン部となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハルハ(哈爾哈)部の関連キーワードホーチット(浩斉特)部エルデニイン・エリヘボロル・エリヘツェリン顧実汗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android