ハンス ブルンク(英語表記)Hans Friedrich Blunck

20世紀西洋人名事典の解説

ハンス ブルンク
Hans Friedrich Blunck


1888.9.3 - 1961.4.25
ドイツの小説家。
元・ハンブルク大顧問,元・ドイツ著作家評議会会長。
アルトナ生まれ。
ナチス文学の主導者の一人で、キリスト教の信仰と青年ドイツ運動の理想とを結び付けたものや、民族的、国家的理念がドイツ民族の歴史上の事件と結びつけて描かれている。後年は、ドイツ各地の伝説集の編纂に尽力し、青少年向き伝説を多数刊行する。作品に三部作「生成する民族」(1920〜23年)、数カ国後に翻訳された「エルベ河のメルヒェン」(’23年)、三部作「祖先伝説」(’25〜28年)などがある。’33〜35年ナチス時代のドイツ著作家評議会会長を務める。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android