ハンス・レオ コーンバーグ(英語表記)Hans Leo Kornberg

20世紀西洋人名事典の解説

ハンス・レオ コーンバーグ
Hans Leo Kornberg


1928.1.14 -
英国の生化学者。
レスター大学生化学科長。
ヘルフォルト(ドイツ)生まれ。
1939年ナチの迫害を逃れ、英国へ渡る。’49年シェフィールド大学で学士号を取得し卒業後、大学に残りクレブスに師事し、’53年博士号を取得する。同年米国に留学し、エール大学のラッカーやカリフォルニア大学のカルヴィンの下で研究し、’55年英国に戻る。’60年レスター大学生化学科教授を経て、学科長を歴任し、’75年ケンブリッジ大学ウィリアム・ダン卿記念教授となる。「グリオキシル酸回路」(’57年)や「グリセリン酸経路」(’59年)、「二カルボン酸回路」(’60年)を発見し、微生物の代謝経路の研究に貢献する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android