ハンドレッド(英語表記)hundred

翻訳|hundred

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンドレッド
hundred

イギリスの地方政治の一単位。シャイア (州,県) とタウンシップ (町,村) の中間の,日本でいえば郡。デーンロー地方ではワペンテイク wapentakeがこれにあたる。本来七王国時代のウェセックスの制度で,理論上 100ハイドの地に発するといわれるが,史料上に現れるのは 10世紀以後。以後中世を通じ,その,境界,機能など変動したが,法廷が開かれて,行政,司法,徴税の単位として重要な機能を果した。地方行政単位としては 19世紀まで存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハンドレッドの関連情報