コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンドレッド hundred

翻訳|hundred

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンドレッド
hundred

イギリスの地方政治の一単位。シャイア (州,県) とタウンシップ (町,村) の中間の,日本でいえば郡。デーンロー地方ではワペンテイク wapentakeがこれにあたる。本来七王国時代のウェセックスの制度で,理論上 100ハイドの地に発するといわれるが,史料上に現れるのは 10世紀以後。以後中世を通じ,その,境界,機能など変動したが,法廷が開かれて,行政,司法,徴税の単位として重要な機能を果した。地方行政単位としては 19世紀まで存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハンドレッド(hundred)

数の100。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ハンドレッドの関連キーワードBittersweetドゥームズデー・ブックジェラルド バトラーハンドレッドウェイトザック スナイダー300/帝国の進撃富士通レディースヤード・ポンド法チャールストンリック スミスカール ハイドノートランプ三津谷葉子ノルマン朝マルコス島クオーター中世社会アラハン船級協会牧村朝子

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハンドレッドの関連情報