ハーツマウンテン国立公園(読み)ハーツマウンテンコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

ハーツマウンテン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ハーツマウンテン国立公園】

Hartz Mountains National Park》オーストラリア、タスマニア州南部にある国立公園。標高1253メートルのハーツ山を中心とし、タスマニア固有の針葉樹ヒューオンパインやユーカリの一種スワンプガムなどの原生林が広がる。タンニンで赤く染まったヒューオン川が流れ、氷河によって形成された湖が点在する。1982年に「タスマニア原生地域」の名称で世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android