ハードコピー(読み)はーどこぴー

大辞林 第三版の解説

ハードコピー【hard copy】

コンピューターやワープロで、ディスプレー上に表示されたものを印刷出力したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハードコピー
hard copy

(1) コンピュータからデータをラインプリンタなどで人間が読取れる形で紙に印字したもの。 (2) コムフィルムから,データを紙に写し出したもの。 (3) ディスプレイ画面上に表示された文字,画像などをそのままプリンタで印字したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のハードコピーの言及

【画像通信】より

…このモデルにおいて,情報源から発生する画像情報はきわめて多様であり,動画像と静止画像,カラー画像と白黒画像,二次元画像と三次元画像など,さまざまに分類することができる。一方,受信者が画像を取得する形態には,紙などに永久記録されるハードコピーと,陰極線管(CRT)などに一時的に表示されるソフトコピーとがある。 光電変換装置は,画像情報を電気信号に変える装置で,レンズ系を通して光電面に画像を結像させ,その像を電気信号に変換するデバイスである。…

※「ハードコピー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android