コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーフサイズカメラ ハーフサイズカメラhalf-frame size camera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーフサイズカメラ
half-frame size camera

撮影画面が 35ミリ判の半分の 18mm×24mmのカメラ。1920年代にアメリカ合衆国のカメラメーカー,アンスコからアンスコメモが初期の箱型ハーフサイズカメラとして登場し,1930年代にはドイツのフランツ・コホマンから今日のハーフ判にほぼ近いコレレK型が現れた。写真フィルムの性能が飛躍的に向上し,露出などの機構が進歩して今日のハーフ判カメラの基礎が築かれたのは 1950年代である。日本では 1959年にオリンパスペンが大ヒットし,ハーフサイズカメラが多くの人に知られるようになった。1960年代には,リコーオートハーフやキヤノンデミ,ミノルタレポなど各社がハーフサイズカメラを発売し,一大ブームになった。今日ではハーフサイズカメラは製造されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハーフサイズ‐カメラ(half size camera)

35ミリ判のフィルムを使用し、長辺がその半分となった18×24ミリの画面に撮影するカメラ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ハーフサイズカメラ

half+size+camera〕
三五ミリ判(三六×24ミリメートル)のフィルムを使い、長辺がその半分(一八×24ミリメートル)の画面サイズに撮影するカメラ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ハーフサイズカメラの関連キーワードオリンパス(株)光学機械工業画面サイズ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android