コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハ音記号 ハオンキゴウ

大辞林 第三版の解説

はおんきごう【ハ音記号】

音部記号の一。譜表上に一点ハ音の位置を指示する。記号の中心を第一線上に置いて書かれるものをソプラノ記号、第二線上のものをメゾソプラノ記号、第三線上のものをアルト記号、第四線上のものをテノール記号、第五線上のものをバリトン記号という。中音部記号。 → 音部記号

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハ音記号
はおんきごう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハ音記号の言及

【音部記号】より

…5線譜表の左端に記され,譜表上で特定の音の位置を示す楽譜記号。現在はト音記号,ヘ音記号,ハ音記号の3種類が用いられる。(1)ト音記号は第2線上がト(g1)音であることを示し,高音部記号,バイオリン記号とも呼ばれる。…

※「ハ音記号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハ音記号の関連キーワード音部記号[clef]アルト(音楽用語)メゾ・ソプラノテノールクレフ譜表

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android