コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハ音記号 ハオンキゴウ

大辞林 第三版の解説

はおんきごう【ハ音記号】

音部記号の一。譜表上に一点ハ音の位置を指示する。記号の中心を第一線上に置いて書かれるものをソプラノ記号、第二線上のものをメゾソプラノ記号、第三線上のものをアルト記号、第四線上のものをテノール記号、第五線上のものをバリトン記号という。中音部記号。 → 音部記号

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハ音記号
はおんきごう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハ音記号の言及

【音部記号】より

…5線譜表の左端に記され,譜表上で特定の音の位置を示す楽譜記号。現在はト音記号,ヘ音記号,ハ音記号の3種類が用いられる。(1)ト音記号は第2線上がト(g1)音であることを示し,高音部記号,バイオリン記号とも呼ばれる。…

※「ハ音記号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハ音記号の関連キーワード音部記号[clef]アルト(音楽用語)メゾ・ソプラノテノールクレフ譜表

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android