コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオエレクトロニクス bioelectronics

翻訳|bioelectronics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオエレクトロニクス
bioelectronics

バイオテクノロジーエレクトロニクス (→電子工学 ) を組合せた用語。生物あるいは生体物質がもつすぐれた機能,たとえば脳における情報処理・神経伝達機能,DNA (→デオキシリボ核酸 ) の記録機能,エネルギー変換機能,生体膜の情報伝達機能,酵素の触媒機能,抗体の抗原認識機能などを有効に利用して電子工学の新分野を開こうとする研究領域。具体的な応用としてバイオセンサバイオチップバイオコンピュータなどの研究開発が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バイオエレクトロニクス【bioelectronics】

生物体の機能、とりわけ神経系の働きを電子工学的に研究する学問。電子生物学。生体電子工学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android