コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオエレクトロニクス バイオエレクトロニクスbioelectronics

翻訳|bioelectronics

3件 の用語解説(バイオエレクトロニクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオエレクトロニクス
バイオエレクトロニクス
bioelectronics

バイオテクノロジーエレクトロニクス (→電子工学 ) を組合せた用語。生物あるいは生体物質がもつすぐれた機能,たとえば脳における情報処理神経伝達機能,DNA (→デオキシリボ核酸 ) の記録機能,エネルギー変換機能,生体膜情報伝達機能,酵素の触媒機能,抗体の抗原認識機能などを有効に利用して電子工学の新分野を開こうとする研究領域。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

バイオエレクトロニクス【bioelectronics】

生物体の機能、とりわけ神経系の働きを電子工学的に研究する学問。電子生物学。生体電子工学。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイオエレクトロニクスの関連情報