コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカオウレン(梅花黄連) バイカオウレンCoptis quinquefolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイカオウレン(梅花黄連)
バイカオウレン
Coptis quinquefolia

キンポウゲ科の小型の常緑多年草で,ゴカヨウオウレンともいう。本州中部以西の深山の林中に自生する。高さ 8cm内外。根茎は多少肥厚し,多数の黄色のひげ根をもつ。葉は根生し,長い柄があり掌状に深く5裂して,一見複葉のようにみえる。春,長い花茎を出し,頂に径 1cmあまりの白色の両性花を単生する。萼は5片で花弁状をなし,花弁は蜜腺化し,おしべ多数,めしべ数本。花後有柄の袋果を放射状に並べてつける。根茎を苦味性健胃剤とする。主成分はベルベリン。和名は花形がウメに似ていることによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android