コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両性花 リョウセイカ

大辞林 第三版の解説

りょうせいか【両性花】

一つの花に雄しべと雌しべの両方が備わっている花。サクラ・アサガオなど被子植物の花の多くはこれにあたる。雌雄同花。 ↔ 単性花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両性花
りょうせいか

単性花に対する語で、雄しべ(雄蕊(ゆうずい))と雌しべ(雌蕊)を共有する花をいう。被子植物の花は本来、両性花であると考えられる。両性花は自家受粉することが多く、それを避けるため、しばしば雄蕊先熟、雌蕊先熟のような現象がみられる。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の両性花の言及

【雌雄異株】より

…植物が雌花と雄花を別の個体にもつ場合をいう。種子植物の花は一般におしべとめしべをもち,両方の性を兼ねそなえた両性花hermaphrodite flowerであるのに対して,アカマツ,イチョウ,カボチャなどは単性花unisexual flowerであって雄花と雌花の区別をもつ。単性花は,同じ個体に両方のタイプの花をもつ雌雄同株(アカマツ,カボチャなど)と,雌花と雄花がそれぞれ別の個体についている雌雄異株(イチョウ,ソテツなど)とに区別される。…

【花】より

…(4)花葉が退化して痕跡的になったり,消滅する。すなわち,おしべとめしべをもった両性花から,おしべが退化すれば雌花に,めしべが退化すれば雄花になって単性花となる。(5)花被は多輪生(タイサンボクは三または四輪生)から,多くは萼(外花被)と花冠(内花被)からなる二輪生,さらに一輪生となった単花被花(クワ,グミ,キク)や花被をもたない無花被花(ヤマグルマ)まであり,おしべが花弁化すると八重咲きとなる。…

※「両性花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

両性花の関連キーワードガクアジサイ(額紫陽花)タマアジサイ(球紫陽花)ヤマアジサイ(山紫陽花)ヒトツバカエデ(一葉楓)トキンソウ(吐金草)ヤブデマリ(藪手毬)ガクウツギ(額空木)タラヨウ(多羅葉)オオアレチノギクハマギク(浜菊)ウルップソウ科ミヤマニガウリブラジルナッツノブキ(野蕗)サクラソウ科ハンカチノキウマノミツバガクアジサイダビディアヤマグルマ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両性花の関連情報