コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカツツジ(梅花躑躅) バイカツツジRhododendron semibarbatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイカツツジ(梅花躑躅)
バイカツツジ
Rhododendron semibarbatum

ツツジ科の落葉低木で,北海道を除く日本各地の山地に自生する。高さ1~2mとなり,葉はやや車輪状に集合して互生し,楕円形で長さ 4cmぐらいある。葉柄には腺毛がある。初夏,新葉の下にやや左右相称形の白色花が1ないし数花開く。萼は小さく5裂し,腺毛がある。花弁は径 2cmあまりで平開し,上半分に紫点がある。おしべは5本あって,上の2本は仮雄ずい化し,下3本は長く前方に曲っている。 蒴果は球状卵形で,径 5mmほどになり,5つに裂開する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android