コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスク独立運動 バスクどくりつうんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バスク独立運動
バスクどくりつうんどう

スペインのピレネー山脈地方,いわゆるバスク地方の独立運動。バスク人(→バスク族)は人種,言語ともスペイン人と異なり,ベルベル人の影響を受けず,19世紀まで自治権を認められていた。このため,ピレネー山脈のフランス側に住むバスク系住民とともに独立国をつくろうとする運動が起こり,1959年にはバスク祖国と自由 ETAという過激派組織も結成されて,誘拐,テロ行為などでフランコ政権の弾圧に対抗,1973年にはカレロ・ブランコ首相を暗殺した。フランコ総統死後の民主化のなかでスペイン政府は 1979年バスク地方に自治権を与えたが,完全独立を要求する ETAは各地でテロを続けており,1990年代末からは停戦とテロ再開を繰り返している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バスク独立運動の関連キーワードナバラ(歴史的地方名)バスク(地方)バスク自治州スペイン史チリーダ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android