コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスク独立運動 バスクどくりつうんどう

1件 の用語解説(バスク独立運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バスク独立運動
バスクどくりつうんどう

スペインのピレネー山脈地方,いわゆるバスク地方の独立運動。バスク人(→バスク族)は人種,言語ともスペイン人と異なり,ベルベル人の影響を受けず,19世紀まで自治権を認められていた。このため,ピレネー山脈のフランス側に住むバスク系住民とともに独立国をつくろうとする運動が起こり,1959年にはバスク祖国と自由 ETAという過激派組織も結成されて,誘拐,テロ行為などでフランコ政権の弾圧に対抗,1973年にはカレロ・ブランコ首相を暗殺した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バスク独立運動の関連キーワードピレネー山脈ピレネー条約ピレネーペルデュ山ミディピレネーピレニアン・マスティフフレンチ・ピレニアン・ポインターエブロ[川]ピレネー[山脈]ピレネー山脈-ペルデュ山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone