コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バス・ドラム[bass drum] バスドラム

音楽用語ダスの解説

バス・ドラム[bass drum]

ドラム・セットの中で最も口径の大きいのがバス・ドラム。普通は18インチから26インチまでのものが使われる。シェルの材質はほとんどが木製。バス・ドラムをショットするのはフット・ペダルにセットされたビーターで行う。フット・ペダルを踏み込むとビーターがヘッドを打つようになっている。このようにバス・ドラムの演奏は足で行うために、ショットとはいわず、キックという言葉が用いられる。ほとんどのドラム・セットはバス・ドラムが1台というものだが、時には2台のバス・ドラムをセットしたものも見受けられる。この場合は特にツー・バスという言い方で、普通のセットと区別されている。ツー・バスの場合は両足を使うことから、速いテンポの連打が可能になり、独特なリズムを打ち出すことができる。これに近い効果を1台のバス・ドラムで出せるように、2つのビーターをセットしたダブル・フット・ペダルとか、ツイン・ペダルと呼ばれているペダルも開発されている。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

バス・ドラム[bass drum]の関連キーワードナイマン(Michael Lawrence Nyman)ツイン・ペダル[twin pedal]ユーロビート[Euroエド・バートラム ガーランドタムタム[tom tom]ドラム[drums]エド ショーネシーキック[kick]ドラム(楽器)テリー ボジオ大太鼓太鼓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android