ダブル

精選版 日本国語大辞典「ダブル」の解説

ダブル

[1] 〘語素〙 二重、二倍であること。二人用であること。「ダブルプレー」「ダブルヘッド」「ダブルキャスト」など。
[2] 〘名〙
ウイスキーなどの量の単位。約六〇ミリリットル。⇔シングル
※銀座川(1950‐51)〈井上友一郎〉五「ジン・フィーズのダブルでも飲む?」
② 二重にすること。二倍であること。〔舶来語便覧(1912)〕
※漫談集(1929)見習諸勇列伝の巻〈徳川夢声〉「脚気を患ったが、腎臓を悪くして全体に浮腫が来た、と言ふ感じと西蔵かビルマ辺りの仏像を、菜種油で気永にイタめた感じとを、ダブルにすれば」
③ 「ダブルブレスト」の略。
※弔花(1935)〈豊田三郎〉「ダブルの洒落れた服を」
ズボンの裾の、折り返しのあるもの。⇔シングル
⑤ 「ダブルはば(━幅)」の略。
※テニス(1923)〈熊谷一彌〉七「ネットプレーがダブルに於て欠く可からざる要素であるならば」
⑦ 「ダブルベッド」の略。また、ホテルで、ダブルベッドを備えてあることや、その部屋。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ダブル」の解説

ダブル(double)

二重。2倍。また、同じ物事が二つ重なること。「兄弟のダブル受賞」「ダブルスコア」
ウイスキーなどの量の単位。約60ミリリットル。→シングル
ダブルベッド」の略。また、ホテルの二人用客室。「ダブルを予約する」→シングル
ダブルブレスト」の略。「ダブルの上着」→シングル
ワイシャツのそでやズボンのすそに折り返しのあるもの。→シングル
ダブル幅」の略。→シングル
ボウリングで、2回連続でストライク2を出すこと。→ターキー
ダブルス
人種の異なる父母の間に生まれた子供。
[補説]「W受賞」「Wベッド」のように、記号Wで書き表すことがある。また9は、使う相手・状況に注意が必要な言葉。
[類語]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のダブルの言及

【ドッペルゲンガー】より

…ある人と瓜二つの人のこと。ドイツ語圏の〈ドッペルゲンガー(二重身)〉のほか,英米圏では〈ダブルdouble〉,中国では〈離魂〉または〈離魂病〉,日本では〈分身〉〈影法師〉〈影の病〉〈影の煩い〉などの名で,神話,伝説,迷信などに古くから登場し,霊魂が肉体から分離して有形化したものとか,二重身の出現はその人物の死の前兆などと信じられた。たとえば,中国には次のような話がある。…

※「ダブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android