コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーター ビーターbeater

翻訳|beater

3件 の用語解説(ビーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビーター(beater)

鉄道の道床を突き固めるのに用いる、つるはし状の鋼製の道具。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ビーター

《Beater》英国の作家J・K・ローリングによるファンタジーハリー・ポッターシリーズに登場する用語。魔法使いや魔女が魔法の箒に乗っておこうなう球技「クィディッチ」でのポジションのひとつ。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ビーター【beater】

鉄道線路の道床の掘り起こしや突き固めに用いるつるはし。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のビーターの言及

【叩解】より

…水で膨潤させたパルプを機械的に処理して製紙に適した性質をパルプ繊維に与える工程をいう。昔は文字どおり臼で繊維を叩(たた)き解きほぐしていたが,17世紀後半にオランダで叩解機(ビーター,ホランダー型)が発明され,これが近年まで使用された。このビーターbeaterは,鋼製の刃を埋め込んだ大きなローラーを回転させ,下に設置した固定刃との間で繊維に強い圧縮力と剪断(せんだん)力を与えて叩解する装置であるが,能率が低いため,現在日本では特殊な紙を作る場合を除いて,パルプの離解,叩解,精整などの処理を連続的におこなう高能率のリファイナーrefinerが用いられている。…

※「ビーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビーターの関連情報