コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーター beater

翻訳|beater

大辞林 第三版の解説

ビーター【beater】

鉄道線路の道床の掘り起こしや突き固めに用いるつるはし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のビーターの言及

【叩解】より

…水で膨潤させたパルプを機械的に処理して製紙に適した性質をパルプ繊維に与える工程をいう。昔は文字どおり臼で繊維を叩(たた)き解きほぐしていたが,17世紀後半にオランダで叩解機(ビーター,ホランダー型)が発明され,これが近年まで使用された。このビーターbeaterは,鋼製の刃を埋め込んだ大きなローラーを回転させ,下に設置した固定刃との間で繊維に強い圧縮力と剪断(せんだん)力を与えて叩解する装置であるが,能率が低いため,現在日本では特殊な紙を作る場合を除いて,パルプの離解,叩解,精整などの処理を連続的におこなう高能率のリファイナーrefinerが用いられている。…

※「ビーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビーターの関連キーワードトーキング・ドラム[talking drum]ツイン・ペダル[twin pedal]バス・ドラム[bass drum]タンボーラ[tambora]J. クリシュナムルティマルチプルタイタンパーレッド ガーランドセミケミカルパルプばち(桴∥撥)バタービータートライアングルブザービート鉄道線路バース党叩解ばち和紙鉄道

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビーターの関連情報