連打(読み)レンダ

デジタル大辞泉の解説

れん‐だ【連打】

[名](スル)
続けて打つこと。「銅鑼(どら)を連打する」
野球で、各打者が続けて安打を打つこと。「連打されて降板する」「三連打

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんだ【連打】

( 名 ) スル
つづけざまに打つこと。 「ドラムを-する」 「パソコンのキーを-する」
ボクシング・野球などで、つづけざまに有効打・安打を打つこと。 「相手のボディを-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つるべ‐うち【連打】

〘名〙 (「釣瓶」はあて字)
① 鉄砲などをうつ時、多くの打ち手が立ち並んで順次に休みなくうち出すこと。つづけうち。発。
※関八州古戦録(1726)一五「弓鉄砲連貫打に放させける」
② (「鉄砲」にうその意があるところから) うそをたてつづけに言うこと。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「『〈略〉作さんと飛八さんの掛合ぢゃア、ぽんぽんぽんぽんだ』『つるべ打(ウチ)だネ』」
③ たてつづけに事が起こること。
※武州このごろ記(1935)〈北条清一〉川口の労働運動「忽ち釣瓶打ちに中止の連発で、刻々両者の間は険悪化し」

れん‐だ【連打】

〘名〙
① 続けて打つこと。
江戸繁昌記(1832‐36)二「早く鴉声に和して、戸を連打し去る」
② 野球で、安打が続くこと。「先発投手が連打を浴びる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連打の関連情報