コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バス優先信号システム バスゆうせんしんごうシステム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バス優先信号システム
バスゆうせんしんごうシステム

乗用車やトラックなどの一般車に比べ,バスを優先し走りやすくしようとする信号システム。たとえば,交差点にバスが近づいたことを感知機でキャッチすると,赤信号青信号に切替え,また赤信号に変る時間を遅らせるなどにより,交差点でできるだけバスを停止させないようにするもので,バス専用レーンなどとともに,公共交通機関としてのバスを優先するために実施される。交差点に近づくバスを感知する方法として,バスに無線発信機を積み,交差点に受信機を設置したものと,交差点に電波発射装置をつけたポールを立て車両の幅や高さから確認するものとがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android