コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バチカンの復活祭 バチカンのふっかつさい

1件 の用語解説(バチカンの復活祭の意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

バチカンのふっかつさい【バチカンの復活祭】

イタリアローマ市内にあるバチカン市国で開催される祭り。聖ペトロ広場で「復活の主日」のミサが行われ、教皇が広場に姿を見せ、世界に向かって祝福の言葉をおくる。◇復活祭は、キリスト教の最も重要な祭典である。最後の晩餐の後、ゴルゴタの丘で十字架にかけられて亡くなったキリストが、3日目によみがえったことを祝う日である。世界中で記念行事が開催される。復活祭は「春分の日の後の満月の次の日曜日」と定められているため、祝日はいつと決まっていないが、3月か4月に開催される。復活祭は、英語では「イースター」(Easter)と呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バチカンの復活祭の関連キーワード教皇庁教皇領バチカン宮殿バチカン市国バチカン羅馬IORラテラン協定ローマの松ローマの噴水

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone