コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バチカン図書館 バチカンとしょかんBiblioteca Apostolica Vaticana

世界大百科事典 第2版の解説

バチカンとしょかん【バチカン図書館 Biblioteca Apostolica Vaticana】

バチカン文庫〉の名でも知られる,バチカン市国の図書館。同文庫の所蔵書の収集はおおむね15世紀にはじまるが,その起源は古く4世紀ころで,教皇ダマスス1世の創設したローマ宗教文書館に端を発し,当時の文書記録類を収蔵して7世紀におよんだ。1309年,教皇庁がフランスのアビニョンに移転したとき,ともにこれにしたがったが,ふたたびローマにかえり,そのころから〈バチカン文庫〉とよばれるようになった。この文庫を今日まで存続させたのは,愛書家として有名な教皇ニコラウス5世(在位1447‐55)で,在職のあいだ図書の収集のためその権勢を利し,財力の限りをつくした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバチカン図書館の言及

【バチカン[市国]】より

…バチカン宮殿は歴代教皇によって増築を重ねられた建物で,そのうち壁画に彩られたシスティナ礼拝堂,教皇館の〈ラファエロの間〉〈ボルジアの間〉などはバチカン美術館の一部をなしている。また美術館に隣接したバチカン図書館は膨大な図書のほか,写本,地図,版画を多数蔵して,研究者の閲覧に供している。市国はこのほか,領土外にサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂とラテラノ宮殿,サンタ・マリア・マッジョーレ教会サン・パオロ・フオリ・レ・ムーラ教会カステル・ガンドルフォの教皇別荘と庭園などを所有しており,治外法権が認められている。…

※「バチカン図書館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バチカン図書館の関連キーワードメロッツォ・ダ・フォルリフェリシヤン マルソーバチカン版聖書写本ニコラウス[5世]A. デ・ガスペリニコラウス(5世)ボッティチェッリメロビング朝美術シクスツス4世バチカン美術館ウィンケルマンバチカン宮殿アッセマーニキリシタン版坤輿万国全図バチカン写本デ・ガスペリパウルス3世アッセマニアルマジア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android