浅水(読み)せんすい

精選版 日本国語大辞典「浅水」の解説

せん‐すい【浅水】

〘名〙 水面から底までがわずかな深さの水。い水。
※済北集(1346頃か)三・秋日野遊「浅水柔沙一遅斜、機鳴林響有人家黄雲堆裏白波起、香稲熟辺喬麦花」 〔漢書‐地理志下〕

あさみず あさみづ【浅水】

青森県東部、五戸(ごのへ)町の地名。奥州街道三戸(さんのへ)と五戸の間にあった宿駅

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「浅水」の解説

【浅水】せんすい

浅瀬司空曙〔江村即事〕 り罷(や)んで歸來し、がず 江村ちて、正に眠るに堪(た)へたり 縱然(しようぜん)一夜、風吹き去りて 只(た)だ在り、淺水の邊(ほとり)

字通「浅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android