コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッスル bustle

翻訳|bustle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッスル
bustle

スカートの背部のふくらみを誇張するための腰当ての総称。類型は中世からあってフォックステール (きつねの尾) と呼ばれ,16世紀にはバムロール (ドーナツ状腰当て) ,17世紀以降もさまざまの名で呼ばれて,バッスルの語が腰当てを意味するようになるのは 1830年頃からである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バッスル【bustle】

女性のスカート後ろ腰を大きくはりだすために,その下に着用した腰当てで,フランスではトゥールニュールtournureと称した。バロック末期,ロココ末期に流行したキュ・ド・パリcul de Paris(パリのお尻)と呼ばれる腰当てもこの系統に属するが,その形はモードの流れによって変化した。服飾史上,バッスルが一つの様式として確立されるのは,1860年代のクリノリンの衰退の後,70年から76年にかけてと,80年から87年にかけての時期であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バッスル【bustle】

スカートの下に着用し、ヒップをふくらませるパッド。一九世紀に流行し、木・金属・鯨のひげなどでつくられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のバッスルの言及

【しり(尻∥臀)】より

…一般に女性は男性よりも皮下脂肪に富み,とくに乳房と臀部に集中しているが,かつては尻に脂肪蓄積の著しい女性が多かったのかもしれない。ビクトリア朝のころ流行した腰当て(バスルbustle)は,高くくびれた腰の下でコイ・コインの女性にみられる脂臀のような盛上がりを衣装につくっていた。ブラントームがスペイン女性の30の美点の中に太い尻をあげている(《艶婦伝》)のは同じ美意識からであり,西川祐信が《百人美女》で女性の32の美点の一つとして顚(くうてん)臀相(軟らかい丘のような尻)とだけいっているのと対照的である。…

※「バッスル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バッスルの関連キーワードヒストリカルスタイルカラー(服の首回り)バッスルスタイル鹿鳴館スタイル性(sex)ボンネットシルエットトレーンショールパッドスーツヒップ金属ひげ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android