コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッテリーポイント Battery Point

デジタル大辞泉の解説

バッテリー‐ポイント(Battery Point)

オーストラリア、タスマニア州の州都ホバートの一地区。市街南部、港を見下ろす小高い丘の上の一帯を指す。19世紀前半に建てられたジョージア様式の古い邸宅などが多く残っている。名称はかつてここに砲台(battery)があったことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

バッテリーポイント【バッテリーポイント】
Battery Point

オーストラリアのタスマニア島最大の都市ホバートの中心部から1.5kmほどに位置する、サリバンズコーブを見下ろす低い丘にある高級住宅街。ホバートの旧市街地でもあり、ジョ-ジア様式の古い建物が残っている。ホバートへの入植は1804年にこの地から始まり、地名は1818年に砲台(Battery of Guns)が建造されたことに由来する。メインストリートのハムデンロード一帯には、優雅な邸宅と調和したかわいらしいアンティークショップやパブ、レストランも多く、そこにも歴史の面影を見ることができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

バッテリーポイントの関連キーワードオーストラリア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android