バット染料(読み)バットせんりょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バット染料
ばっとせんりょう
vat dyes

建染(たてぞ)め染料ともいう。水に不溶性であるが、水酸化ナトリウム、ハイドロサルファイト(亜二チオン酸ナトリウム)により還元すると水溶性となり繊維に染着しうる染料である。染色後、空気中または酸化剤(過酸化水素、二クロム酸ナトリウム)で酸化して元の不溶性染料に戻り、堅牢(けんろう)な染色物を与える。還元操作を建化(けんか)vatting、還元浴を建浴(たてよく)またはバット、還元体をロイコ体という。
 バット染料は化学構造により、インジゴ・チオインジゴ系、アントラキノン系、フタロシアニン系に分類される。アントラキノン系(縮合多環キノン系を含む)がもっとも多い。ロイコ体の硫酸エステルは水溶性で繊維に染色したのち、酸化により不溶性染料を再生しうる。これらを可溶性バット染料という。優秀な堅牢度を有するバット染料が「インダンスレン染料」(日本での一般名はスレン染料という)である。バット染料の還元にはアルカリを用いるので、繊維としては木綿が多く用いられる。羊毛には可溶性バット染料や、弱アルカリ、低温で建浴を与える染料が用いられる。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバット染料の言及

【建染染料】より

…バット染料ともいう。染料分子内に2~6個のキノンをもつ水に不溶の染料で,塩基性還元剤により水溶性ロイコ化合物となり,この形で繊維に染着された後,空気酸化されて繊維上でもとの不溶性の構造にもどる。…

※「バット染料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android