バット染料(読み)バットせんりょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バット染料
ばっとせんりょう
vat dyes

建染(たてぞ)め染料ともいう。水に不溶性であるが、水酸化ナトリウム、ハイドロサルファイト(亜二チオン酸ナトリウム)により還元すると水溶性となり繊維に染着しうる染料である。染色後、空気中または酸化剤(過酸化水素、二クロム酸ナトリウム)で酸化して元の不溶性染料に戻り、堅牢(けんろう)な染色物を与える。還元操作を建化(けんか)vatting、還元浴を建浴(たてよく)またはバット、還元体をロイコ体という。
 バット染料は化学構造により、インジゴ・チオインジゴ系、アントラキノン系、フタロシアニン系に分類される。アントラキノン系(縮合多環キノン系を含む)がもっとも多い。ロイコ体の硫酸エステルは水溶性で繊維に染色したのち、酸化により不溶性染料を再生しうる。これらを可溶性バット染料という。優秀な堅牢度を有するバット染料が「インダンスレン染料」(日本での一般名はスレン染料という)である。バット染料の還元にはアルカリを用いるので、繊維としては木綿が多く用いられる。羊毛には可溶性バット染料や、弱アルカリ、低温で建浴を与える染料が用いられる。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバット染料の言及

【建染染料】より

…バット染料ともいう。染料分子内に2~6個のキノンをもつ水に不溶の染料で,塩基性還元剤により水溶性ロイコ化合物となり,この形で繊維に染着された後,空気酸化されて繊維上でもとの不溶性の構造にもどる。…

※「バット染料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android