コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建染(め)染料 タテゾメセンリョウ

デジタル大辞泉の解説

たてぞめ‐せんりょう〔‐センレウ〕【建染(め)染料】

そのままでは水に溶けず、一度還元操作を施してから染める染料。染めた繊維は空気中で酸化してもとの染料の色に戻る。インジゴ系染料・インダンスレン系染料などがあり、木綿羊毛染色に使われる。バット染料

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

建染染料【たてぞめせんりょう】

バット染料とも。インジゴ系,インダンスレン系に代表される染料の一群。染料分子中にカルボニル基を有し,水,アルカリに不溶であるため,染色に際し苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)およびハイドロサルファイトを作用させて還元し,水,アルカリに可溶にする。
→関連項目インジゴインダンスレン染料染料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たてぞめせんりょう【建染染料 vat dye】

バット染料ともいう。染料分子内に2~6個のキノンをもつ水に不溶の染料で,塩基性還元剤により水溶性ロイコ化合物となり,この形で繊維に染着された後,空気酸化されて繊維上でもとの不溶性の構造にもどる。この還元操作を〈建てる〉ということから,この染色法による染料を建染染料という。天然染料として古来有名であるインジゴ(藍)は建染染料の一種であるが,インジゴ型染料の工業生産が可能になり天然品はほぼ駆逐された。1901年にはボーンR.Bohnによりもう一つの型の建染染料であるインダントロン(インダンスレン)がアントラキノン誘導体よりつくられ,建染染料はインジゴ型とインダンスレン型に2大別されて今日に至っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の建染(め)染料の言及

【染料】より

…さらに化学構造の明らかなものにはこれに基づいた5桁の番号が併記されている。 染料の分類法には染色法によるものと化学構造によるものがあるが,アントラキノン系建染染料のように両者を混合したものもある。一般需要者には化学構造による分類よりは染料のもつ染色的特性を示す分類のほうが便利である。…

※「建染(め)染料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

建染(め)染料の関連キーワードフタロシアニン染料アントラキノン顔料アントラキノン染料インジゴイド染料硫化建染染料チオインジゴ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android