建染め染料(読み)たてぞめせんりょう(英語表記)vat dyes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建染め染料
たてぞめせんりょう
vat dyes

バット染料ともいう。水に溶けないので,還元剤を使って溶かし,繊維を染め,酸化して発色させる染料。たとえば,インジゴ (濃青色素) は水,酸,アルカリのいずれにも溶けないので,ハイドロサルファイトなどで還元して,リウコインジゴとすると,アルカリに溶けて黄色い液となる。これで木綿や羊毛を染め,染まった繊維を空気中にさらすと,リウコインジゴが酸化して元のインジゴに戻り青色となる。インジゴは水に溶けないので,繊維に染まった色は洗濯しても落ちない。酸化方法には,過酸化水素などの酸化剤も用いる。またソーピング (石鹸液で洗浄) 処理を行うと,表面についた染料が除かれて色が鮮明になり,堅牢度が高まる。アントラキノン系とインジゴ系があるが,アントラキノン系のスレン染料は,染料中最高の堅牢度をもつ。類似染料として,硫化建染め染料,可溶性建染め染料があり,堅牢染色に使う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android